長野  安曇野  museum cafe BANANA MOONで、積み上げた仕事に圧倒される。 

これから、長野の旅で訪れた場所を、少しずつ紹介していこうと思います。

安曇野のmuseum cafe BANANA MOONについて

museum café BANANA MOON|安曇野アートライン 北アルプスの麓・安曇野の美術館

「週刊新潮」の表紙絵を描いている、画家の成瀬政博さんの絵が展示されています。

ここを知ったのは、どこかのカフェ本だったと思います、入館料500円でドリンク付き、カフェスペースでのんびりできるということで・・・

訪問したのもほぼカフェ目的だったのですが、館内はけっこう寒く(暖房がついていない。作品の保存のため?)カフェ利用としては正直いまひとつ(すみません)

ですが・・画家さんの生き方を、展示物を通じて感じることが出来ました。

画家、成瀬政博さんの生き方

成瀬政博さんは大学を卒業後、しばらく公務員として働く傍ら、美術評論を書いていたという。そして50歳で退職し、そこから画家の道を歩みはじめたのだ。

そして1997年から週刊新潮の表紙絵を描くことになり、現在もなお続いている。週刊誌だから、1週間に1枚のペースで絵を描き続けていることになる。

展示されていた絵から、これからの人々に向けられたメッセージを感じられた。

今回鑑賞したのはほんの一部であったが、これまで積み上げてきた実績のことを考えると、ただただ圧倒されるばかりであった。

私が感じたメッセージ

今からでも決して遅くはない。少しずつ、積み重ねていこう。

ただただ、好きなことを、コツコツと積み上げていきたいと感じたのでした。